メインメニュー
top
top : スペインからのスタディツアー
投稿者 :恵那市国際交流協会  投稿日時: 2020-01-21 10:56:03 (95 ヒット)
令和2年1月17日(金)名古屋商科大学ビジネススクールのゴイ教授の引率で、スペインのESADEビジネススクールのスタディツアーの一行が恵那を訪問しました。
まず、恵那川上屋さんのひなげし美術館にて栗きんとんを試食しながら、会社の概要から、理念、今後の展開を紹介して頂き、活発な質疑応答もなされました。店舗にてお土産を購入し、防災センターへ移動。
中山道のれんコンテスト実行委員会の皆さんの協力の元、佐々木田鶴子先生の指導で、絞り染め体験を。全員にとって初めての体験なので、感性に任せて楽しそうに作業をしてました。
昼食を挟み、午後からはゴイ教授のレクチャーから、グループワークへ。5つのグループが、協会からの参加者にインタビューなどをして、恵那についての提言をまとめ、発表。38人の学生たちは、スペインだけでなく13か国にまたがるので、独自の発想を元に恵那について真剣に考えてくれました。帰り際に、染め上がったてぬぐいを受け取り、帰路へ。
短い時間ではありましたが、恵那を満喫してくれたようで、「また来たい!」と何人もの方に声を掛けてもらえました。
恵那川上屋さん、中山道のれんコンテスト実行委員会の皆さん、佐々木田鶴子先生、名商大ゴイ教授、協会スタッフをはじめボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。
 
17 Jan, ESADE students from Spain with Prof. Goi of NUCB visited Ena as a study tour. We went to Enakawakamiya and enjoyed the presentation eating Kuri-kinton, famous chestnuts sweets. After shopping at the store we moved to the lecture room in the Fire Station.
With Nakasendo Noren Contest Committee we did Tie-Dyeing workshop. Ms. Taduko Sasaki, the instructor, showed the example and then we tried to make just following our feelings.
In the afternoon, Prof Goi gave his lecture first and students were divided into five groups. Each group interviewed some Ena residents and organized their idea for their presentation. There were thirty-eight students from thirteen different countries not only Spain, so they had many different and colorful ideas.
It was a quite short time but they really enjoyed Ena and said want to come back again.
I really appreciate Enakawakamiya, Nakasendo Noren Contest Committee, Ms. Taduko Sasaki, Prof Goi and our volunteer staffs.
恵那川上屋にて
染色の準備
染色風景
グループワーク
グループワークの発表
会場の様子
染められた手ぬぐい

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
恵那市国際交流協会 〒509-7203 恵那市長島町正家一丁目3番地21 0573-26-2111(代表)0573-26-1880(直通)FAX兼用